10・15モード燃費とJC08モード燃費の基礎知識

日本では国内で型式認定を受ける車両に対しては燃費の測定が必ず行われており、測定値は自動車のカタログに掲載されています。車を購入する人の中には、購入車両を決めかねている場合に燃費測定値を見て車両を決める人も少なくありません。
現在、自動車のカタログに掲載されている燃費測定値は「JC08モード燃費」と呼ばれるもので、2011(平成23)年4月から新たに型式認定に受ける車両に対して測定と表示が義務付けられています。現行の方式になる前は「10・15モード燃費」の表示が義務となっていました。
JC08モードによる燃費と10・15モードによる燃費は、どちらも規定の条件のもとで、規定の方法で車両を走行させた場合に得られる燃費ですが、いくつかの違いがあります。例えば、JC08モードは10・15モードより平均速度と最高速度が速く、走行時間と走行距離が長くなっています。また、10・15モードは全てがホットスタートの条件下での測定だったのに対して、JC08モードはコールドスタートの条件下の測定も行われるため、結果として得られる燃費は、JC08モードの方が10・15モードのものより低くなりやすい傾向にあります。
ただし、JC08モードも10・15モードも、従前の燃費測定方法以上に現実の走行に沿った測定値が出るように測定方法が定められたものですが、実際の燃費との乖離が解消されるまでには至っていないのが現状です。

Comments are closed.

最近の投稿