Archive for 6月, 2014

交換はこまめに

寒冷地だと、水切りワイパーと冬用のワイパーの交換を知らない人がいます。実はワイパーも消耗品で冬用のワイパーにしないと、後で夏用のまま使ってしまうと、機能を十分に果たさないので、雨の日などに逆に負担が大きくなってしまうことがあります。そのようなトラブルをできる限り避けられるように、特に寒冷地の人はきっちりとこまめに交換ができるようにしておくと、安心して活用を図ることができます。
交換はこまめにチェックしておくようにすると、面倒な手間もかからないですし、安心できることは間違いありません。交換については、できる限り負担のない方法で、きっちりとチェックしておくと、安心できます。面倒なことを回避して、できる限り負担を減らせるようにしておくことが、運転中も事故になりませんし、安心感もぜんぜん違います。ただ、交換の方法を知らない、などの人はガソリンスタンドできっちりと対応してもらうことが間違いがない方法といえるのではないでしょうか。車について、知らないことが多い人は、ぜひ、そのように対応しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。万一のときのために、きっちりと自分で対処できるようにしておくことがトラブル防止につながります。

車を綺麗に改善

車を綺麗に保つためにしっかりと洗車をしている人は多いと思います。車は長く使えば使うほどそれだけ汚れていきます。汚れを放置してしまうと次第に落ちにくくなってしまうので普段から定期的な洗車が必要になってくるということなのです。しかし、洗車をする際にいくつか気を付けなければいけないことがあるというのを知っていますか?それは洗った後の水です。特にガラスなどの水というのはしっかりとふき取らないと逆に汚れになってしまう可能性があるのです。なので、水をしっかりと落とすことができるものが必要になるというわけです。そこで、お勧めとなるのが水切りワイパーになります。この水切りワイパーはしっかりと水を切ってくれるものになっています。細かな水まで確実に落としてくれるので、安心して利用することができるようになっているのです。これを使っておけば水が汚れになるというのをあらかじめ防ぐことができるというわけです。こういった水切りワイパーというのは普段雨が降ったときなどにも使うことができます。酸性雨の場合はかなりガラスに汚れが付くことがありますが。こういった水切りワイパーを持っていることで汚れを防ぐことができるのです。ぜひ利用しておきましょう。

正しい手順で傷を防ぐ

車の汚れを落とすためには定期的な洗車が絶対に必要になってきますが、その際自動車に付いた水は全て綺麗に取り除かなければなりません。自動車の上に付いた水分はそのまま蒸発して結晶化してしまうため、そのまま放置していると汚れがずっと取れなくなってしまいます。こうした汚れは水シミと呼ばれ、個人で使用する洗車グッズでは取ることが出来なくなるので、水シミが出来る前に必ず水分を水切りワイパーなどを使用して取り除かなければなりません。但し水切りワイパーを使用する際はいくつか気をつけなければならない点があるのでそこだけは忘れないようにしてください。
水切りワイパーは広い面に付いた水を一気に落とすことが出来るので、大変便利なのですが、決して汚れが残った状態で使ってはいけません。たまに雨に降られたからといきなり水切りワイパーを使用する方がいますが、雨の中にはチリやほこりが大量に含まれているためそこをきっかけにしてボディーが傷つくので絶対に水きりワイパーを使うのは洗車後の見にしてください。そして洗車後も必要以上に力を加えると傷をつける原因になりますし、長い間使い続けているとゴムやシリコンが劣化して上手く水を取り除けなくもなるので、ある程度使った後は新しい水きりワイパーを購入しましょう。

雨上がりは洗車をしてから

自動車についてしまう汚れの中でも水シミは特に厄介な汚れと言われています。最近は酸性雨によって車の表面塗装を傷つけることで普通の水道水によって出来る水シミよりも厄介な水シミが作られることが多くなっているらしく、雨が降った時はすぐに雨水を車の上から取り除かなければなりません。そんな時水切りワイパーなどを使って水分を取り除いてしまえば水シミの心配もなくなるのではと思った方は多いかとお思いますが、実際のところこの方法で自動車に付く水シミはしっかり予防することが出来るのでしょうか。
水シミは水分が多くボディーに残ることで残るので水分さえなくなれば水シミがなくなるのは当然といえば当然ですが、雨に降られたからといってすぐに水切りワイパーなどで水を取り除こうとしてはいけません。雨水の中にはチリやほこりなど様々な汚れが含まれており、それらが水切りワイパーなどによってこすられることでボディーに傷がついてしまう可能性があります。水シミを回避する代わりにひどい傷をつけてしまっては意味が無いので、雨に降られた時はしっかり洗車して雨水を綺麗に取り除いてから水切りワイパーで水を取り除くようにしましょう。多少面倒な作業ですが綺麗なボディーを維持するためにも欠かさず行うようにしてください。

シミを未然に防ぐ

長く自動車に乗っていると大気中のゴミが付着してどんどん汚くなってきますが、そうした状況をいつまでも放置していると汚れは更に取り辛くなってきます。そうした状況を避けるためにも短い期間でこまめに洗車することが大切なのですが、洗車した後は仕上げに水きりワイパーなどを使用してボディーに残った水を取り除くように洗車の仕方を習った人は聞いているかと思います。洗車して綺麗になったならそれで終了でいいのではと思った方もいるかと思いますが、水井きりワイパーで水を切る必要性は当然ながら存在し、新しい汚れを作らないためにも欠かせないことだといいます。
自動車についてしまう汚れの原因は色々ありますが、その中には水が原因となって付いてしまう汚れもあります。水シミと呼ばれる汚れはボディーの上に付いた水分が蒸発することで水分中に含まれている様々な成分が結晶化することで付く汚れで、普通の洗剤では中々落とすことが出来ないことから前もって水シミを予防するためにも水切りワイパーなどを使用して水を落とさなければならないのです。特に雨によって出来る水シミは水道水で出来るものよりも厄介な事になることが多いので、雨に降られた時はサッと洗車して雨水を完全に取り除いた後水きりワイパーを使ってください。

水垢汚れを防止するには

自動車を運転していると気付かないうちにどんどん汚れが付いてしまいますが、こうした汚れはただ単に水をかけるくらいでは綺麗に落ちてくれませんし、綺麗に洗車した後も仕上げに水分を全て取り除いてあげないと今度は水垢汚れが発生する事になります。自動車の汚れの中でも水垢はかなり厄介な存在として知られており、もし過去に沈殿していた水垢の場合は業者に連絡しても綺麗に取り除いてもらうことが出来ないかもしれないので、そういった事態に陥る前に水垢汚れを防止するためにもしっかり自動車のボディーの上に残る水分を水切りワイパーで取り除いてあげてください。
自動車を洗車した後に残った水は一見すると綺麗に見えるかもしれませんが、実際には様々な汚れが含まれており、それらが水垢となることで自動車のボディーにいつまでも残る汚れとなってしまいます。時には水垢が塗装と交じり合ってボディーにダメージを与えることもあるので、洗車した後はきちんとボディーに残った水分を取り除くことで新しい汚れが付くのを防ぐようにすることが重要です。水切りワイパーなどを使うと自動車のボディーを傷つける心配も少なく、今のような寒い季節でも必要以上に水に触れずに洗車を完了させることが出来るので是非お試しください。

正しい使い方でキズを防ぐ

マイカーを洗車した時ちゃんと水分を取り除いておかないと水が蒸発した跡が水シミと名って残ってしまいます。頑固な水シミは中々落とすことが出来ないので、しっかり水を取り除くことが出来るような洗車グッズを必ず一つは用意しておきたいところですが、そうした洗車グッズの一つである水きりワイパーを使ったら傷が付いてしまったという方が中にはいるそうです。そうした記憶があるせいで水切りワイパーを敬遠している方もいるのではないかと思いますが、最近は他の商品よりもずっとボディーに優しい製品も出回っていますし、そうしたトラブルを起こした方の多くは間違えた使い方をしていることが多いといいます。
自動車のボディーやガラスなどについた水分を取り除く水切りワイパーは広い面の水分を一度に落とすことが出来る非常に便利なグッズですが、使っている最中傷が付いたという方が中にはいらっしゃるといいます。しかしそうした方の多くは間違った使い方をしていることが多く、例えば雨に降られた直後などボディーの上に汚れが大量に付着している状態で水きりワイパーを使用していた可能性が高いといいます。雨上がり直後は雨の中に含まれるゴミによって傷が付いてしまうので、水切りワイパーでもクロスでも雨上がり直後に使えば傷はできてしまうでしょう。

古くなったら交換を

車の汚れの原因は色々ありますが、時には洗車後のアフターケアの手抜きで汚れが発生することもあります。水シミはそうした汚れの一つで、洗車後にボディーやガラス上に残った水が蒸発することで水分中に含まれる塩素などが結晶化して塗装と結びついてしまうことで中々取り除くことが出来ない強固な汚れとなってしまいます。水シミがひどくなると専門業者にクリーニングを依頼しないと取れないレベルの汚れになってしまうので、そうした事態を引き起こさないためにも洗車した後は必ず水きりワイパーなどを用いて水分を取り除きましょう。
水切りワイパーは自動車のボディーやガラス上の水分を取り除く際非常に役立ちますが、使い続けるごとにワイパーのゴムやシリコンは劣化していきます。そうすると取り付け部がゆるくなってバラバラになってしまったりゴムやシリコンの柔軟性が失われて思うように水を切ることが出来なくなってしまうので、そうなる前に新しい水切りワイパーを購入してください。商品自体はそう珍しいものでもないのでカーショップなどに行けばすぐに見つかるでしょうし、物によってはルーフ用やホイール用といった各パーツ専用の商品が売られているのでそれらを使用するようにすれば更に綺麗に水分を取り除けるでしょう。

シンプルで使いやすい

雨に降られた自動車は一見すると汚れているように見えませんが、雨の中には大気中の様々な汚れを含んでおり、更に最近は酸性雨も降っていることもあってあめに振られる事によって自動車の表面塗装を傷つけることがあります。そうしダメージと雨の中のゴミなどが水分が蒸発することで発生するのが水しみと呼ばれる汚れで、この水シミが出来てしまうと中々綺麗に洗車することが出来なくなってしまいます。そうした汚れを取り除くためには洗車して雨を綺麗に流してしまう必要があるのですが、水シミは雨だけでなく水道水に含まれる塩素などによっても発生してしまうので、洗車が終わった後は何らかの形で水を拭き取る必要があります。水切りワイパーはそうした時に使用する洗車グッズで、洗車の仕上げには絶対に欠かせません。
水切りワイパーの使い方はとてもシンプルで、ゴムやシリコンによって作られたワイパー部でボディーの上に残っている水滴を落とせばOKです。水切りワイパーは特に広い面の水分を取りたい時に活躍するので、くぼんで水分を散りにくい箇所はクロスなどを使うようにするなど状況に応じて使い分けることで更に効率よく水分を拭い去ることが出来るはずです。

最近の投稿