Archive for 10月, 2015

指定工場と認定工場、違いと役割

現代社会では、自動車の存在は欠かすことができないものです。
都心よりも、地方に住んでいる場合には特に生活必需品になっています。
そんな自動車も、便利で役立つものですがその購入後も維持費がかかるものです。
維持費には、色々なものがありますがその中でも、やはり大きな金額になるのが2年に一度ある車検です。
この車検の費用を少しでも、安くできると維持費も抑えることに繋がります。
自動車を車検に出すときに、意外と見落としているのがその依頼をする時です。
安くする目安になるのが、国土交通省による指定工場の認定を受けていることです。
それは、指定を受けていることで、国の検査場に自動車を持ち込まなくても済むことです。
役割を果たす資格を持っているため、その場で車検のすべてを完了できるので時間も早く済むだけでなく費用もその分だけ安くできます。
しかし、この資格を得るには最低3名のスタッフと検査員が必要であり厳しく登録認可までの時間を計算すると、8年かかります。
もう一つの、認証工場は国の検査場に自動車を持ち込んで検査をしてもらいます。
その場で車検ができるところと、国の機関に持ち込んで検査をしてもらうことが2つの違いになります。

最近の投稿