雨上がりは洗車をしてから

自動車についてしまう汚れの中でも水シミは特に厄介な汚れと言われています。最近は酸性雨によって車の表面塗装を傷つけることで普通の水道水によって出来る水シミよりも厄介な水シミが作られることが多くなっているらしく、雨が降った時はすぐに雨水を車の上から取り除かなければなりません。そんな時水切りワイパーなどを使って水分を取り除いてしまえば水シミの心配もなくなるのではと思った方は多いかとお思いますが、実際のところこの方法で自動車に付く水シミはしっかり予防することが出来るのでしょうか。
水シミは水分が多くボディーに残ることで残るので水分さえなくなれば水シミがなくなるのは当然といえば当然ですが、雨に降られたからといってすぐに水切りワイパーなどで水を取り除こうとしてはいけません。雨水の中にはチリやほこりなど様々な汚れが含まれており、それらが水切りワイパーなどによってこすられることでボディーに傷がついてしまう可能性があります。水シミを回避する代わりにひどい傷をつけてしまっては意味が無いので、雨に降られた時はしっかり洗車して雨水を綺麗に取り除いてから水切りワイパーで水を取り除くようにしましょう。多少面倒な作業ですが綺麗なボディーを維持するためにも欠かさず行うようにしてください。

Comments are closed.

最近の投稿