ボールナット式の魅力とは

自動車を走らせるには走行中に向きを変えるために重要なステアリングというシステムがあります。運転席のハンドルを回すとタイヤの向きがかわるのはこのメカニックです。その構造は主に2つに分けられていて、まずラック&ピニオン式と呼ばれるものがあります。ハンドル部分に繋がるステアリングシャフトという部分の先端にピニオンギヤという歯車を取り付けて、シャフトに刻まれている歯と噛み合わせることで方向変換をする仕組みになっています。特徴としては構造が簡単でステアリング操作の時の剛性が高いことがあり、圧倒的に安価で軽量なシステムを作り出せたり応答性にも優れていることがメリットです。現在の乗用車の多くは、このラック&ピニオン式だそうです。もうひとつがボールナット式と呼ばれるシステムで、リサーキュレーティングボール式とも言います。ラック&ピニオン式よりパーツ数が多くて構造が複雑なのが特徴です。こちらのメリットは、動作がスムーズでステアリングのギヤ比を大きくことから、大きな操作を必要とする大型車や4WD車などに使用されていることです。国産車ではこの2つのメカニックですが、他にもウォーム・セクター式やウォーム・ピン式と呼ばれるものもあるそうです。

Comments are closed.

最近の投稿