ボディとルーフをつなぐピラーとは

ピラーとは、日本語に直訳すると、「柱」という意味になります。自動車において、ボディとルーフをつなぎ、さらにルーフを支える柱のようなものですが、前後や側面からの追突時、さらには横転時などの衝撃から室内空間、そして乗員を守る働きがあり、安全上非常に重要な部位となっています。一般的に、一番前(運転席、助手席の左右前方)をAピラー、2番目(運転席及び助手席と後部座席の間)をB、3番目(後部座席の後ろ)をC、セダンタイプの車はここまでですが、ステーションワゴンやハッチバック、ミニバンと呼ばれている車はさらにラゲッジスペースの分、Dまである事になります。当然、ピラーは太くすればする程、剛性が向上し、衝撃に対する安全性も向上する訳ですが、太すぎると視認性が悪くなり死界が大きくなり、事故の素となってしまいます。そして、その車のスタイリングにも大きく影響する部位であるため、各メーカー、設計の段階でそのバランスを深く考慮しています。ちなみに、ピラーにも特殊な例があり、プライバシー確保(外から見えにくくする)のために、ピラーの幅をわざと広く取ったり、乗降性の向上のために左右の位置をずらすというものもあります。

Comments are closed.

最近の投稿