Bピラー(センターピラー)の働き

Bピラーは、自動車の前席と後席の間にある柱のことで、センターピラーとも言われ自動車の屋根を支える重要な柱です。それとともに、Bピラーは自動車の剛性と言わる、走行中の自動車自身のねじれを防ぐという意味でも重要な役割を担っている大切な柱です。またさらに、衝突時には室内の変形を防ぎ、中の乗員の安全を確保するといった役割も担っています。
スポーツカーなどではハードトップと言われるBピラーが無いものがありますが、最近は非常に少なくなってきました。これはBピラーが無いことで衝突時や横転時に室内の安全性を確保することが構造的に難しくなるため、これに代わる補強を行わなくてはいけないためです。また横転などの事故の際には大きなリスクが伴うため、その数は非常に少なくなっています。
Bピラーはその位置によってもその強度に大きな影響を及ぼします。一般的に出来るだけ車の中心に近いところに位置するのが理想的であるとされ、4ドアが理想的な配置と言われています。2ドアの場合にはどうしてもドアが大きくなるため、後ろ寄りになり強度が若干低下してしまうのです。ラリーなどの競技車両において4ドアの自動車が使用されることが多いのは、より高い安定した強度を求めるためと言われています。

Comments are closed.

最近の投稿