え!?保険金請求にも時効があるの?

事故や病気など自身に何かトラブルが発生した場合、そのトラブルに関連した保険に加入していれば、保険が適用され保険金を受け取ることが可能です。しかし、保険金の請求には時効があります。例えばなんらかの事故が発生した場合、かなりの時間が経過してしまうと、その事故を調査することが難しくなってしまいます。調査ができないと、事実確認ができず適切な保険金の支払いに支障が出てしまうおそれがあるため、保健法に基づいて3年が経過すると保険金支払いの義務は消滅するとされています。保健法の第95条に、保険金請求に関する消滅時効について規定がされており、請求を3年以内に行わないと、請求する権利の消滅する旨が記載されています。時効が消滅する日にちについては、保健法の中に規定がないので、民法の一般原則によって判断されます。その際の判断は、保険の商品や種類によって異なってくるので、その点を注意しておく必要があります。例として、自動車保険や火災保険では、事故発生時の義務として保険契約等について遅れることなく保険会社へ通知することが、一般的に規定されています。自賠責保険の場合は、保険金請求が消滅する日について、加害者が被害者に損害賠償を支払った日から3年としています。

Comments are closed.

最近の投稿