エンジン豆知識!ベルトの役割と知っておきたい種類

車の部品は、それぞれが役割を持ちながら機能していることは言うまでもありません。
エンジンに付いているベルト類には、機関内部に組み込まれているタイミング以外に、ファンやオルタネーター、エアコン、パワーステアリングなどのものがあります。
ただし、機関の種類によっては、1本のベルトだけでもって、エアコンやパワステなどすべて動かしているものもありますし、2、3本のものが、おのおの必要な部分を回転させているものもあるのです。
これらがもし切断されてしまうと、動作させている機械がストップしてしまいます。
いずれも大切なものばかりですが、最も運転に直結しているのがパワーステアリングベルトです。
これが切れることはほとんどありませんが、もし切れた場合でも、実はステアリングの操作はできます。
とはいえ、本当に切れた瞬間は、信じられないほどハンドルが重くなりますので、安全運転には大きな悪影響をもたらすのです。
定期点検のときには、しっかりと緩みがないことを確認し、状態を見て適切に交換することが求められます。
ゴム製品ですので、自然と劣化が進む恐れもあります。
一般的に、高負荷運転が多いときに、より傷みやすいと言われています。

Comments are closed.

最近の投稿