夫婦ドライブ旅で石川県を巡る

石川県の県庁所在地である金沢市は、北陸地方を代表する観光地です。北陸新幹線の開業により、東京とは2時間28分で結ばれたことから、より多くの観光客がこの地域を訪れるようになっています。ですが、この地域の魅力に触れることができるのは、鉄道を利用した観光に限ったものではありません。ドライブで訪れてみれば、鉄道とはさらに違った楽しみ方ができることでしょう。
さて、金沢市の観光地として最も有名なのは「兼六園」です。ここは日本三名園の1つで、国の特別名勝にも指定されています。また、これに隣接する「金沢城公園」も人気の名所です。金沢城は加賀藩主・前田氏の居城で、その跡地にこの公園が整備されました。
ところで、金沢市以外にも、石川県内にはドライブで訪れるにはうってつけの場所がたくさんあります。そのなかでも極めて魅力的な場所を最後にご紹介しましょう。それは、石川県羽咋市にある「千里浜なぎさドライブウェイ」です。ここはおよそ8キロにもわたる海沿いの浜辺が道路として整備されている場所です。路面はアスファルトではなく、踏み固められた海の砂です。砂浜の波打ち際を自家用車で走行できる道路は、日本全国でもここにしかありません。日本海の美しい景色を眺めながら、海岸線のドライブが楽しめる場所です。

Comments are closed.

最近の投稿