加害者請求について

車やバイクを所有している人は必ず加入しなければいけない自賠責保険というものがあります。自賠責保険は被害者に最低限の賠償を行うためのもので、未加入の場合には罰則もあるものになります。万が一事故を起こし怪我を負ったり死亡した場合には、K会社から被害者へと賠償が行われるのですが、いったん加害者が被害者への賠償を建て替えておき、そののちに自賠責保険の保険会社に立て替え分を請求することを加害者請求と言います。この加害者請求にも保険法によって定められた時効があり、被害者や、被害者が通院した病院に賠償金を払ったり、分割にした場合には分割した日それぞれの翌日を起算日として3年間になっています。この3年間の間に建て替えた賠償金を自賠責保険の保険会社に請求しなければ、時効となって請求権が失われてしまうのです。被害者との話し合いが上手くいかなかったり、治療が長引いてしまう可能性のある場合には、事前に保険会社に連絡を入れて時効中断の手続きをとることが重要になります。また、自賠責保険の賠償金と任意保険の賠償金を任意保険の保険会社が一括で支払う一括払いを行うケースがほとんどですが、その場合には加害者本人ではなく任意保険会社が自賠責保険分の回収を行います。

Comments are closed.

最近の投稿