間欠ワイパーの利点

ワイパーは雨が降ったときに、フロントガラスの表面に付着する水滴を拭き取る機能を持っています。雨が降っている中で水滴を拭き取ることで、運転者の視界を良好にする重要な役割があります。

一般車で装備されているワイパーの機能は低速で作動する状態、高速で作動する状態、一定の間隔で作動する状態の三つの状態が一般的となります。このうち一定の間隔で作動する状態のワイパーを間欠ワイパーと言います。

そのメリットとしては、ほんのわずかな雨が降っているケースや雨は降っていないけれど路面が濡れているため、水しぶきがフロントガラスに付着しやすい場合に有効的に使用することが出来ることです。低速で動いていると目障りな面がありますが、この間欠ワイパーであればそれほど運転する上でも動きや音が気にならなく済むのも利点です。

また近年は、間欠ワイパーの間隔を微調整できるタイプや速度に合った動きをするタイプ、雨量センサーによって雨の降っている量から動きを変化させるタイプも開発されています。現在は手動で間欠ワイパーを作動させることも多いですが、それが自動化されると便利となることは間違いありません。

ただ自動化は便利ですが誤動作が起きるケースもあります。そのため、手動でもツマミを回すことによって、動作する時間間隔を調整できるタイプも人気となっています。

Comments are closed.

最近の投稿