内径と行程のおさえるポイント

ボアとも呼ばれる内径は、レシプロエンジンと呼ばれる一般的なエンジンの燃焼室の内側の直径を示した数字です。ストロークとも呼ばれる行程は、シリンダー内を往復運動をするピストンの上死点と下死点の間の距離を示しています。
ボアとストロークは、ストロークをボアで割った値であるボアストローク比でエンジンの特性を知る事が出来ます。しかし、例外的なエンジンもあります。
一般的なガソリンエンジン のボア・ストローク比は、1の近似値もしくはややロングストロークに設計されている車種がほとんどです。F1のエンジンは、極限の高回転性能を必要とする為に極端なショートストロークに設計されてきましたが、現在は最高回転数と消費燃料が制限されている為に、以前よりショートストロークに設計されています。
ショートストローク、低速域の燃費性能が良く無いが、ピストンと上下の運動域が短い為に抵抗が少なく、高回転で高出力を発揮し易い傾向があります。
ロングストロークは、低回転域から中回転域までの燃費が比較的良いが、ピストンの運動域が大きく移動スピードが高い為に運動エネルギー大きく、クランクシャフトを回転させるエネルギーがショートストロークより大きい傾向にあります。その為、低回転時から高いトルクが得られ、ストップ・アンド・ゴーの多い街中でも扱いやすいエンジンとされています。

Comments are closed.

最近の投稿