任意保険の時効について

交通事故により怪我を負った被害者は、損害賠償請求権に基づき、被害者及び被害者が加入する任意保険会社に対して損害賠償請求権を有することになります。注意しなければならないことは、この損害賠償請求権は権利ですので、行使しなければ消滅時効にかかることになります。損害賠償請求権の時効期間は、物損、傷害、死亡による損害については、損害発生日(または死亡日)の翌日から3年。後遺障害についての損害は、症状固定日の翌日から3年間となっています。この期間内に損害賠償請求権の行使を行わなければ、時効により権利は消滅します。もし消滅時効が成立しますと、加害者や任意保険会社に対しての損害賠償請求は不可能となってしまいますので、時効起算日や時効期間(いつ時効が成立するのか)をしっかりと知っておくことが大事です。時効期間が迫っているのであれば、加害者または任意保険会社に対して時効中断措置をとる必要が出てきます。この場合には、内容証明による請求あるいは任意保険会社が発行する時効中断書が必要となってきます。時効中断後には速やかに示談交渉あるいは紛争処理センターへの持ち込みが重要となってきます。この消滅時効の危機は、後遺障害などによって治療が長引いた場合によく起こりがちです。

Comments are closed.

最近の投稿