ラック&ピニオン式の構造ポイント

 

ハンドルを使って車の進む方向を操作する。
一度でも見たことがある人なら違和感なく理解できると思います。
言い方を変えるとハンドルを回す動作をタイヤが傾く動作に変えるになります。
こうなると途端にどうなっているのかわからなくなります。
でも構造はいたって簡単です。
ラック&ピニオン式という2つのギヤの働きによります。
ラックとは、軸の上に歯が刻まれたギアのことです。山切りの歯ブラシのような形です。
ピニオンは歯車と言って思い浮かぶ標準的な形のギヤです。
ハンドルのついている軸がエンジンルームのシャフト(タイヤが付いている軸)の近くまで届いています。
その先にピニオンギヤが付いていてシャフトと並行して設置されているステアリングラックにかみ合います。
シャフトとステアリングラックは、ほぼ同じ長さです。
ハンドルが回るとピニオンギヤが回り、ラックギヤが左右のどちらかに動きます。
そうするとシャフトとステアリングラックの両端がずれた状態になり角度が付きます。
その角度分だけタイヤの向きが変わります。
これがハンドルの操作の仕組みです。
最近ではパワーステアリングがほとんどの車に採用されています。
これはピニオンギヤの回転を油圧や電動でアシストして小さな力で動かせるようにしたものです。

Comments are closed.

最近の投稿