シミを未然に防ぐ

長く自動車に乗っていると大気中のゴミが付着してどんどん汚くなってきますが、そうした状況をいつまでも放置していると汚れは更に取り辛くなってきます。そうした状況を避けるためにも短い期間でこまめに洗車することが大切なのですが、洗車した後は仕上げに水きりワイパーなどを使用してボディーに残った水を取り除くように洗車の仕方を習った人は聞いているかと思います。洗車して綺麗になったならそれで終了でいいのではと思った方もいるかと思いますが、水井きりワイパーで水を切る必要性は当然ながら存在し、新しい汚れを作らないためにも欠かせないことだといいます。
自動車についてしまう汚れの原因は色々ありますが、その中には水が原因となって付いてしまう汚れもあります。水シミと呼ばれる汚れはボディーの上に付いた水分が蒸発することで水分中に含まれている様々な成分が結晶化することで付く汚れで、普通の洗剤では中々落とすことが出来ないことから前もって水シミを予防するためにも水切りワイパーなどを使用して水を落とさなければならないのです。特に雨によって出来る水シミは水道水で出来るものよりも厄介な事になることが多いので、雨に降られた時はサッと洗車して雨水を完全に取り除いた後水きりワイパーを使ってください。

Comments are closed.

最近の投稿