シンプルで使いやすい

雨に降られた自動車は一見すると汚れているように見えませんが、雨の中には大気中の様々な汚れを含んでおり、更に最近は酸性雨も降っていることもあってあめに振られる事によって自動車の表面塗装を傷つけることがあります。そうしダメージと雨の中のゴミなどが水分が蒸発することで発生するのが水しみと呼ばれる汚れで、この水シミが出来てしまうと中々綺麗に洗車することが出来なくなってしまいます。そうした汚れを取り除くためには洗車して雨を綺麗に流してしまう必要があるのですが、水シミは雨だけでなく水道水に含まれる塩素などによっても発生してしまうので、洗車が終わった後は何らかの形で水を拭き取る必要があります。水切りワイパーはそうした時に使用する洗車グッズで、洗車の仕上げには絶対に欠かせません。
水切りワイパーの使い方はとてもシンプルで、ゴムやシリコンによって作られたワイパー部でボディーの上に残っている水滴を落とせばOKです。水切りワイパーは特に広い面の水分を取りたい時に活躍するので、くぼんで水分を散りにくい箇所はクロスなどを使うようにするなど状況に応じて使い分けることで更に効率よく水分を拭い去ることが出来るはずです。

Comments are closed.

最近の投稿