知っていますか?車の部品の基礎知識

車には様々の部品がついており、それぞれ役割があります。
例えばエンジンルームを覗いてみるとエンジンをはじめとする部品があります。バッテリーは車のエンジンを始動させたりライトなど点灯させるためにも必要なものです。そのままではすぐにバッテリー切れを起こしてしまうのでオルタネーターによって電力を作り出して充電を行うようになっています。
エンジン内にはオイルがありオイルの汚れをとるためにエレメントが付いています。これは定期的に交換を行う必要があります。
エンジンの周りには冷却するために冷却水が循環しており冷却水を冷やすためにラジエーターがあり冷却水を循環させるためにウォーターポンプがあります。
エンジンは空気と燃料を吸い込んで爆発させて回転しており、その出力を調整するためにキャブレターがあります。燃焼された排気ガスはマフラーによって消音されます。
足回りでは車の乗り心地をよくするためサスペンションがあります。走っている車を止めるためにはブレーキがあります。
タイヤを操舵するためにステアリングがあり、ミッションによってスピードを調整したり燃費良くなるようになっています。
このように車にはたくさんの部品が使用されておりどれも大切なものなのです。

Comments are closed.

最近の投稿