車両保険について

車両保険は自分の車に対する保険で、事故によって契約している車両が損害を受けた場合に修理代が支払われるシステムで、契約内容によっては、当て逃げ、自損、火災・水害等の自然災害、盗難・落書きなども保険金が支払われます。
車両保険に加入すると保険料が高くなる傾向にあり、自分で保険金額を設定することは出来ないシステムとなっていて、車種や年式などによって保険会社が設定し、損害などで車両保険を使うと3等級下がるので、翌年からの保険料は更に高くなります。
補償範囲は一般車両保険、エコノミー、限定A、エコノミー+限定Aの4種類に分類されていて、一般車両保険は大部分の損害状況を幅広く補償しますが保険料は最も高くなり、エコノミーは他車との衝突の場合のみ補償されるので保険料は比較的安くなり、限定Aは災害による損害のみ補償されるシステムで、エコノミー+限定Aはエコノミーと限定Aを組み合わせた保険で他車との衝突の場合と災害による損害の場合のみ補償され自損や当て逃げは補償外となっていて、それぞれ補償範囲が違いますので支払う保険料も異なります。
また、修理費の中で少しだけ自己負担できる免責金額という設定があり、ある程度の金額を設定する事で保険料が安くなります。

Comments are closed.

最近の投稿