正しい使い方でキズを防ぐ

マイカーを洗車した時ちゃんと水分を取り除いておかないと水が蒸発した跡が水シミと名って残ってしまいます。頑固な水シミは中々落とすことが出来ないので、しっかり水を取り除くことが出来るような洗車グッズを必ず一つは用意しておきたいところですが、そうした洗車グッズの一つである水きりワイパーを使ったら傷が付いてしまったという方が中にはいるそうです。そうした記憶があるせいで水切りワイパーを敬遠している方もいるのではないかと思いますが、最近は他の商品よりもずっとボディーに優しい製品も出回っていますし、そうしたトラブルを起こした方の多くは間違えた使い方をしていることが多いといいます。
自動車のボディーやガラスなどについた水分を取り除く水切りワイパーは広い面の水分を一度に落とすことが出来る非常に便利なグッズですが、使っている最中傷が付いたという方が中にはいらっしゃるといいます。しかしそうした方の多くは間違った使い方をしていることが多く、例えば雨に降られた直後などボディーの上に汚れが大量に付着している状態で水きりワイパーを使用していた可能性が高いといいます。雨上がり直後は雨の中に含まれるゴミによって傷が付いてしまうので、水切りワイパーでもクロスでも雨上がり直後に使えば傷はできてしまうでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿