自賠責保険の時効について

自動車に関する事故については自賠責保険で保証を行うのが一般的ですが、不足分については任意保険でカバーすることになります。その場合、注意しなくてはならないのが時効の存在です。被害者側からすれば自動車の事故において事項という発想自体が受け入れられないかもしれませんが、法律によって交通事故の相手を知ってから3年以内に請求をしなければ事項となる郁美になっています。このことをしっかりと理解しておくことが必要です。
しかしながら示談交渉において条件の相談が上手くいかなかった場合などは中々行動を起こせないケースもあるでしょう。しかしそれでも時効は存在しているため、請求に関してはしっかりと行わなくてはなりません。この時効を延長させるためには時効期間を中断させる必要がありますが、これは念書を書いてもらえば大丈夫であるとされています。もしも心配であれば訴訟を起こせばより強力に法的な実行力を持って時効の中断を行うことが出来ます。この様な仕組みについてしっかりと理解をしておくことが大切です。もし被害を受けたのであれば、遅くとも事故の発生から3年以内に損害賠償請求を行うことを念頭に置いておくことが大切であると言えます。

Comments are closed.

最近の投稿