事故にならないために!車不調のサインと意味

クルマの事故や故障などのトラブルを未然に防ぐためにも、日ごろからクルマの調子を意識的に確認していることが大切です。人間の体と同様に、クルマのトラブルは突然起こるように見えても、実はいろいろなサインを出していることが多いです。そのサインを見逃さず、すぐに対処することで未然に防ぐことができるトラブルは少なくないのです。

毎日クルマに乗っていると、いつもと様子がおかしいと気が付くことがあります。そして、それはクルマの不調を示すサインを意味していることが多いです。たとえば異音です。いつもは発生しなかった音がどこかから聞こえてくるとき、クルマのどこかで調子がおかしくなっていることが多いです。人によっては少し神経質に感じるかもしれませんが、それくらいでないと、なかなかクルマの不調に気が付くことはできません。

また、アイドリングをしているとき、エンジンの回転がスムーズではなく、回転数が不規則で、急に高くなったり、低くなったり、何かが詰まっているようにノッキングを起こすような場合は要注意です。たいていの場合はエンジンオイルを交換することで改善されますが、エンジン内部の汚れが酷い場合は、エンジンブラッシングを行うのもオススメです。

Comments are closed.

最近の投稿