時効の中断手続きとは

何らかの事故が発生した場合には保険を使用して損害賠償を行うことになりますが、相手方との見解の相違があり、中々話が折り合わないということは少なくありません。そんな時にいつまでも交渉を長引かせることはデメリットがあります。それは自賠責保険にも請求状の時効があるという点が問題になってくるのです。様々なケースがありますが、相手が特定されている場合には3年以内に損害賠償請求を行わなければ事項となってしまうことが定められています。このためいつまでも先送りには出来ないのです。
この様な場合は損害賠償の手続きが行えない理由を明確にした上で時効の停止のための手続きを行わなければなりません。単に話し合いを中断しているだけでは時効の延長とはなりませんので注意が必要です。なお、時効の延長を希望する場合には相手方と書面でその旨を打ち合わせ、念書を取っておくことが重要であると言えます。なお、それでも心配であるという場合には裁判に持ち込めばより強力に法的に時効の中断を行うことが出来ます。いずれにしても自賠責保険の保証を得るためには3年以内に損害賠償請求をしなければならないというポイントについてしっかりと理解しておくことが望まれます。

Comments are closed.

最近の投稿