人身傷害補償保険について

自動車保険に加入しておくと、不測の事態が発生した際には大きな助けとなります。しかしながら、契約内容や項目に出てくる言葉が難しく感じて、内容をよく把握しないまま、なんとなく契約をしてしまっている人もいるのではないでしょうか。ここでは、保険に登場する言葉の説明をします。今回取り上げるのは、人身傷害補償保険です。
人身傷害補償保険は、契約者とその家族が自動車事故によって、ケガをしたり、亡くなってしまった場合に、その損害額に対して保険金が支払われるものです。保険を契約している車に乗っている際に発生したものであれば、その車に乗っていたひと全員が対象になります。また、契約者とその家族は、他人の車に乗っている時や、バス、タクシーに乗っている時、歩行中の場合でも補償の対象となります。また、保険金については、ケガをした場合、治療費や仕事ができなくなった場合の休業損害を、亡くなった場合は、将来得られたはずの収入を考慮し、限度額の範囲内で支払われることが特徴といえます。
自動車保険の更新の時期がきたら、現在のご自身の契約内容を確認して、人身傷害補償保険がどの様になっているのか確認して把握しておくのもよいかもしれません。

Comments are closed.

最近の投稿